骨盤矯正や美容鍼・ダイエットは神埼町本堀の未来はりきゅう整骨院へ

ヘッダーインフォ

ヘッダー電話番号

ヘッダーメール

ヘッダーロゴ

産後矯正について

2016-11-02

産後のケアは骨盤から

出産で骨盤が歪んだまま固まってしまうと、プロポーションが崩れてしまったり、女性特有の症状や体型が元に戻らないと言った身体のトラブルを引き起こす原因となってしまいます。そうなる前にひとりひとりの症状、お悩みに合わせて、骨盤の矯正を行っていきます。

産後は矯正をするチャンス?

出産時には産道を赤ちゃんが通り、その分だけ骨盤が大きく開いた状態になります。日常生活で起こるゆがみよりさらに大きくゆがんでしまうこともあるのです。そのため、産後に気になる症状が出てくることも少なくありません。出来るだけお早めに正常な状態に戻しておくことをオススメいたします。

時間とともに徐々に女性の骨盤は閉じていくのですが、きちんと閉じきらなかったり、ゆがんだりズレたりしている状態で閉じてしまうことも多いのです。筋肉が硬くなってしまってから産後骨盤矯正を受けるよりも、まだ緩みのある状態で産後骨盤矯正を受けていただいた方が時間もかからずにバランスを整えやすくなります。

お尻や太もも、下腹などなかなか脂肪が落ちづらい下半身太りや、肩こりや腰痛、股関節痛といった痛みの症状、冷え性やむくみ、重い生理痛なども産後矯正を受けていただくことで改善される可能性があります。

 

●こんなお悩みを抱えていませんか?

 お悩み①
腰幅が広がったまんま

 お悩み②
なかなか体重が落ちない

 お悩み③
前よりも眠りが浅くなってしまった

 お悩み④
二人目の出産のほうが身体がツライ

長い妊娠期間を経て待望の赤ちゃんに出会えたお母さんは誰もが幸せの絶頂にいるはず。でも疲労と様々な痛み、不調を感じてツライ・・・と悩む方も実はかなり多いのです。妊娠・出産は骨盤が激動する最大の出来事。ゆったりした気分で産後矯正を行い、しっかりトラブルと向き合いましょう。

産後じゃなくても骨盤のケアが必要かも?まずはチェック

☑下腹がぽっこりしてきた
☑お尻が垂れ、洋ナシ型になった
☑くびれがなくなってきた
☑O脚になってきた
☑最近外反母趾が目立つ
☑足の長さが違う
☑骨盤の高さが違う
☑肩こりがなかなか治らない
☑下半身が冷える、むくみやすい

上記に一つでも当てはまるなら要注意です。身体の不調の様々な原因を引き起こすのがバランスの左右差と筋力不足です。まずは早めに整骨院の先生の指示を仰いでください。

矯正しやすい期間

妊娠中に広がった骨盤は左右交互に少しづつ縮みながら、3ヵ月~4ヵ月かけてゆっくり元の状態にもどっていきます。この矯正は産後12カ月までは矯正しやすい期間とされています。

一度閉じてしまった骨盤は矯正を行うのが難しくなるのですが当院ではそんな患者様でもしっかりとカウンセリングをし、施術を行っていきます。

以前の体型よりも姿勢がよくなったり、産後太りを解消し、前の体型に戻すお手伝いをしていきます。

産前・産後のお悩み相談

Q.1産後の体重が心配です。

A.厚生労働省などによると妊娠中の体重増加は9~12キロが理想的と言われています。出産で赤ちゃんと羊水で約半分が減るようですが、残りの半分が体に脂肪として蓄えられています。妊娠前の体型に戻せるのか、スカートが入るようになるのか心配なところだと思いますが、一般的には約半年の期間をかけて徐々に戻していくのが理想と言われています。無理なダイエットはせずに母乳育児のママは毎日しっかり栄養をとってまずは子育てを大事にしてください

Q.2妊娠してからずっと眠いのですが?

A.妊婦の眠気の原因は女性ホルモンのバランスが変わり、身体を安静にさせようとする作用が強く働くためだと言われています。眠いときは無理をせずにしっかりと睡眠をとってください。

Q.3高齢出産って危険なんですか?

A厚生労働省のデータによると近年35歳以上の初産女性が増えていて40歳以上の出産もそれほど珍しいものではありません。体力面の心配をされる方もいらっしゃると思いますが、健康を維持するために日常的な運動を心がけましょう。出産に関する医療も時と共に進歩しているので、気になる方はまずはお医者さんに相談することをおすすめします。